思春期の悩み

今回は子育てでも中学生などの思春期の年代での悩みをピックアップします。
この年代になってくるとまずは受験などの進路や将来のことについての悩みや相談が多いようですね。
しかし、この年代の子どもというのは悪いことがカッコいいみたいな所ってありませんでしたか?。私の場合で申し訳ないのですが、自分はそうでした。
そんな友達と集まるとどんどんエスカレートしてしまいましたが、私の場合はある程度のボーダーラインのようなものをもっていましたが、
そんなボーダーラインなんて簡単に下げたり、上げたり可能なものなんですよね。今までは一緒に過ごす時間が食事の時間だったり、休日の時間だったりあったのでしょうが、
その親と一緒の時間がかっこ悪く思えてきて、そして会話も少なくなり、その接する時間に比例するように親には不安なことや悩みが増えてくるのではないでしょうか。
この私の考えからすると接する時間を増やせば不安や悩みも少なくなるという公式から導かれた事が実践できればいいのでしょうが、その実践が難しいのも問題なんですよね。
子どもに無関心ではいけないし、またあまりにも干渉しすぎもかえって逆効果になりそうなので、バランスが大事だと思います。
小さい頃から食事の時間に今日の学校はどうだった?と小さなことを積み重ねておけば子どもも自分に関心があることは分かっているのではないのかな。